新着記事
Google

2012年09月30日

肝炎対策の推進に関する基本的な指針(平成23年5月16日厚生労働省告示第160 号)(英訳)

肝炎対策の推進に関する基本的な指針(平成23年5月16日厚生労働省告示第160
号)(英訳)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/hourei.html
公知申請に係る事前評価が終了した適応外薬の保険適用について(更新)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/topics/110202-01.html

国民健康保険事業年報・月報(更新)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/seido/kokumin_nenpo.html
posted by Mark at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

転移性乳癌の治療におけるアントラサイクリンは依然として有用   ──単施設調査と多施設アンケート結果より

◆転移性乳癌の治療におけるアントラサイクリンは依然として有用
  ──単施設調査と多施設アンケート結果より
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_7


◆mTOR阻害剤は内分泌治療抵抗性乳癌の治療アルゴリズムを変える可能性
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_8


◆術後に内分泌療法のみを受けた乳癌における遠隔再発の予測因子は
  PgR陰性、高度脈管侵襲、Ki-67値30%以上
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_9


◆乳癌原発巣と初回再発巣のバイオマーカー変化、予後は変わらず?
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_10


◆若年性乳癌の予後不良の原因はホルモン療法感受性の低下と関連する可能性
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_11


◆国際フェーズ3試験の統合解析でデノスマブとゾレドロン酸の
  顎骨壊死の頻度は少なく、3割以上が8カ月で消失
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_12


◆セレコキシブ併用投与はカペシタビンによる手足症候群を軽減
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_13


◆40代までの出産・授乳経験の有無が乳腺濃度に影響を与える
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_14


◆Luminal A乳癌で化学療法の上乗せ効果が見込めるKi-67の
  最適なカットオフ値は20〜25%
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_15


◆HDAC阻害薬panobinostatの標的の1つはAI耐性乳癌で亢進しているNF-κB
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_16


◆乳腺粘液癌はサブタイプに応じた治療戦略の検討が必要
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_17


◆術前化学療法後の乳房温存療法施行例における乳房内再発リスク因子は
  残存腫瘍2.0cm以上・ER陰性・タキサン単独療法
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_18


◆術前/術後化学療法後のトリプルネガティブ乳癌に対するS-1の12カ月追加治療は
  実施可能──SBCCSG-14試験の中間解析より
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_19


◆全脳照射後の乳癌脳転移に対する放射線再照射は
  緩和治療として安全かつ有効である可能性
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_20


◆補助療法がホルモン療法のみのER陽性・HER2陰性例では、核HER4陽性が
  予後良好因子となる可能性
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_21


◆術前化学療法の効果判定は三方向から測定するエコー像が有用
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_22


◆リンパ節転移、脈管侵襲陽性はNAC後乳房温存術施行例の局所再発因子
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_23


◆術前化学療法前の造影MRIで単発腫瘤型や腫瘍辺縁での
  薄く均一な造影効果が得られればpCR率が高い
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_24


◆Life threateningなステージIV Luminal乳癌への初回化学療法で
  病勢制御可能になれば維持内分泌療法は約22カ月施行可能
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_25


◆第20回日本乳癌学会学術集会会長の西村令喜氏に聞く
乳癌はバイオロジーに立脚した治療を提供する時代へ
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_162598_151571_26
posted by Mark at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

食品安全委員会 器具・容器包装専門調査会(第16回)の開催について(3月1日 (木)開催)

食品安全委員会 器具・容器包装専門調査会(第16回)の開催について(3月1日
(木)開催)
http://www.fsc.go.jp/osirase/kigu_youki_annai16.html
食品安全委員会動物用医薬品専門調査会(第137回)の開催について(2月29日
(水)開催)
http://www.fsc.go.jp/osirase/doubutu_annai137.html
食品安全委員会微生物・ウイルス専門調査会(第29回)の開催について(2月28
日(火)開催)
http://www.fsc.go.jp/osirase/biseibutu-virus_annai29.html
食品安全委員会(第420回)の開催について(2月23日(木)開催)
http://www.fsc.go.jp/osirase/annai420.html
(報道発表)第2回「野口英世アフリカ賞」委員会が開催されました
http://www.cao.go.jp/noguchisho/info/2012220.html
posted by Mark at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

月間閲覧ランキング 2012.7.1〜2012.7.31

1位 「患者の長い話を聞かないための技術」とは(7/19)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_32

2位 「外用抗真菌薬はどれも同じ効果」じゃない!(7/23)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_33

3位 医者はなぜお互いを「先生」と呼ぶのか?(7/12)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_34

4位 主訴:けいれん(正答率:43%)(7/9)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_35

5位 「この3月で、大学教授を辞めます」(3/22)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_36

6位 あなたならできる!装備ゼロから始める「こころの診かた」(7/5)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_37

7位 親の介護との両立に苦しみ、とうとう医局から破門(7/17)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_38

8位 キレやすい患者に想定した最悪のシナリオ(7/27)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_39

9位 「水虫は痒い」はウソ、「試しに抗真菌薬」はNG(7/2)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_40

10位 「蹴飛ばしてやろうか」と思う上司と働きなさい(7/17)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_41

11位 解決できない患者トラブルなんてありません(7/20)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_42

12位 イレウスの緊急手術で患者が植物状態に (7/1)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_43

13位 「非専門医でも診断できて当然」に違和感(7/10)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_44

14位 【急性下痢】多くは細菌性、重症例には抗菌薬も(7/17)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_45

15位 “腸管”が動脈硬化予防の新たな治療標的に(7/23)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_46

16位 咳嗽ガイドラインが7年ぶりに改訂(7/20)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_47

17位 経営的には失敗しちゃってますw (7/13)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_48

18位 医師国試の合格者が発表、合格率は90.2%(3/19)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_49

19位 発作性心房細動でも抗凝固療法は必要か?(7/4)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_50

20位 どんなにイケメンの患者さまであろうとも(7/5)
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_51

posted by Mark at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本初のうつ病治療ガイドラインが公表

◆NEWS
日本初のうつ病治療ガイドラインが公表
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_11

◆水虫治療 常識のウソ
「外用抗真菌薬を塗布してはいけない水虫」って?
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_12

◆プライマリケア医のための心房細動入門
CHADS2スコア1点以下で抗凝固療法を行うのはどんなとき?
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_13

◆日経メディカル2012年8月号「ニュース追跡」
印刷事業所で胆管癌が多発
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_14

posted by Mark at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経静脈栄養―適応と選択、ここがポイント 

《Vol.5》経静脈栄養―適応と選択、ここがポイント【Cadetto.jp会員限定】
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_9
《Vol.4》経腸栄養―適応と選択、ここがポイント【Cadetto.jp会員限定】
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_10

posted by Mark at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本発! 世界に羽ばたいた3つの治療法

《Vol.1》【マクロライド療法】海外でも抗炎症療法として確立
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_6
《Vol.2》【体幹部定位放射線治療】高齢者での成績は手術に匹敵
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_7
《Vol.3》【経口フッ化ピリミジン系抗癌剤】癌化学療法の常識覆す経口薬
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_160004_149684_8
posted by Mark at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

攻略!NSAIDs潰瘍

◆本誌連動◇攻略!NSAIDs潰瘍
《Vol.1》リスクに応じた予防策を、小腸病変も問題に
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_23
《Vol.2》ハイリスク者ではPPI、H2ブロッカーの有効例も
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_24
《Vol.3》疼痛緩和はCOX2選択性を考慮、抗血小板薬の変更も
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_25
《Vol.4》ピロリ感染は相加的リスク、NSAIDs服用初期に注意
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_26

◆糖尿病診療「こんな時どうする?」
糖尿病患者の感染症状はケトアシドーシスを念頭に
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_27

【海外論文ピックアップ】

◆JAMA誌2011年11月2日号
胸部X線による肺癌検診に肺癌死亡率の低減効果なし
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_28

◆Pediatrics誌電子版2011年11月7日
2009H1N1感染による健康小児の死亡リスク、MRSA肺感染で8倍に
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_29

【Journal Watch Hospital Medicine(英文)】

入院前の告知が脳卒中評価の遅れを少なくする
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_30

急速に進行する認知症がクロイツフェルト・ヤコブ病であるとは限らない
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_31

【エッセー】

◆馬場恒春の「改革が進むドイツの医療制度」
人口1000万人の地域で開業保険医の空席は8人!
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_32

【医師のキャリア・医療制度ほか】

◆大震災の現場から
《Vol.42》まだ続く原発事故の影響、「政府や県は頼りにならない」
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_33

◆NEWS
フィリップスが緊急通報サービス、イオンと提携し展開
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_34

【Cadetto.jp】

◆+αな人
まだまだ続く、100万人の患者さんに喜ばれるシステム創りを!
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_35

◆病状説明、自信ありますか?
《Vol.1》医師の6割超が「病状説明に自信あり」
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_36
《Vol.2》「説明義務違反」を問う医療訴訟が増加
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_37
《Vol.3》たとえリスクが1%でも、その1%を徹底的に説明します【Cadetto.jp会員限定】
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_38
《Vol.4》「何に注意すべきか」が分かれば、患者さんは安心するんです【Cadetto.jp会員限定】
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_39

◆救急いばら道
“ You can count on us”【Cadetto.jp会員限定】
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_133980_136777_40


posted by Mark at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

肝炎総合対策に関するQ&A

肝炎総合対策に関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou09/hepatitis_about.html

身体障害者補助犬法ホームページ(更新)
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/syakai/hojyoken/index.html

遺伝子組換え食品ホームページ(更新)
http://www.mhlw.go.jp/topics/idenshi/index.html

posted by Mark at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
乱視はレーシックで治す 神戸クリニック 神戸クリニック神戸クリニック

drugstore.com, inc.

日比谷花壇 人気商品ベスト3
人気第1位
人気第2位
人気第3位
花を贈るなら日比谷花壇へ
森下仁丹オンラインショップ drugstore.com, inc.